菅沼の城2017年01月01日

 
 門松は 冥途の旅への一里塚 めでたくもあり めでたくもなし (# ゚Д゚)・・でも平成29年(2017)おめでとうございます (^_^) http://www.shinkoji.or.jp/diary/diary04.html
正月のテレビ番組は、ニュースと箱根駅伝以外は見ないので、読書三昧です。

昨年末よりこんな本を読んでいます。
前回読んだ時には、難しい漢字は前後関係から推察して読んだが、今回は辞書・NET検索で調べながら進めている。例えば「驍名」「撞着」「涵蓄淵邃」などです。

私 菅沼は、愛知県の作手村の「菅沼」の出身らしいですが、檀那寺に過去帳がなく真相は判らない。

宮城谷昌光の小説に登場する、田峯→野田城主菅沼の末裔だと嬉しいと・・心ひそかに思い・読んでいる。

この本は、氏が「風は山河より」の執筆のために、資料集めに歩いた記録です。
http://www.shinchosha.co.jp/book/144456/

コメント

トラックバック