abさんご2018年05月22日

 
 中日新聞夕刊に、下重暁子が「この道」を連載しています。

元 NHKのアナウンサーですが、最近消息を知ったのは、5年前の芥川賞受賞者関連でした。作者の黒田夏子と下重暁子が、早稲田大学の同人誌仲間だったからです。

受賞作全文掲載の文藝春秋を買い読みかけましたが、途中で挫折しました。今回もやはり挫折しました。これって文学作品でしょうか・・・http://webronza.asahi.com/culture/themes/2913021200005.html
この雑誌、もう資源ゴミで出そうかな・・・

下重の連載は、NHKの名古屋支店勤務で寮が昭和区の荒田町に在ったこと。先輩の野際陽子と二人が大酒飲みで、コンパで飲んでもシャンとしており「荒田のオロチ」と呼ばれたことなど、こちらは楽しく読ませる内容です (▰˘◡˘▰) (^_^)

地球儀2018年05月17日

 
 長男がカナダに出かけたので、孫たちが調べるように地球儀を自作しました。

子供の時に、科学雑誌の付録?で作った記憶がありますが、作り易くなりましたね。
https://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B007PMJOU8/ref=dp_olp_new_mbc?ie=UTF8&condition=new

しかし平面に印刷した地図を、球面に貼るのですから歪みが出ます。へらで押して貼り付けても浮いてきます。バイアス紙のようなものを使うと良いですが・・・無いかな・・・

注文してから届くまでに、時間がかかったので、息子は帰ってきてしまいました (# ゚Д゚)
しかし、これを機会に孫3人が視野が広くなってくれると、爺ちゃんは嬉しいです (^_^)

東北旅行2018年05月10日

 
 連休明けの夕刊紙は、クラブツーリズムの広告ばかりでした。近鉄グループの会社ですね。

この社のツアーは豪華ですね。2泊3日の東北地方が二人で30万円です。新幹線の特別車両に乗って中尊寺と松島で、 5つ星の宿に泊まってのゆったりコースです。
https://www.kankokeizai.com/5stars/

2年半前に、息子の運転で東北を回りましたが・・・私達はさらに 蔵王、山寺、釜石と多くを探訪しました。贅沢をしないで、身の丈に合った旅行でした。
http://ksuga3.asablo.jp/blog/2015/10/19
http://ksuga3.asablo.jp/blog/2015/10/22

5KPlayer2018年05月06日

 
 YouTubeで懐メロを観るのが楽しみですが、放送局の著作権?出演者の遺族?からの苦情?・・・すぐに削除されます (# ゚Д゚)

Macにダウンロードすれば安心して聴けると始めました。
無料のアプリが Net上にたくさんありましたが、これが評判も良く、使い勝手も良さそうです。

4段目の「藤山一郎 スペシャル」が 55分で 270MBです。ハードデスクは 500GBですから、心配なく録画できます。

DVDに焼いてみました。こうすれば HDの容量の心配もありませんし、知り合いに渡すことも出来ます (^_^)

5月7日 追記 DVD-Rが片面1層で120分、2時間以上は無理のようです。画質を落とす方法もあるようですが・・・今日はこの事で翻弄されました。 (▰˘◡˘▰)

科学と技術2018年05月02日

 
 製鉄の歴史を通じて、技術史の本を多く書いている「飯田賢一氏」の書籍を検索すると、こんな本が見つかりました。

幕末以来、日本の近代化に貢献した 40人の記述の抜粋解説で、興味のある部分を読んでいます。カナ混じり文ですが、注釈がありますから何とか読めそうです。

日本近代思想大系の24巻の14巻目です。定価はさすが岩波書店ですが・・・実はワンコインです。
https://www.iwanami.co.jp/search/s8086.html
全くの新本で、30年ぶりに化粧箱から出されたようです。売れないで倉庫にあったのでしょう、この種の本は特殊ですからね。

明日からゴールデンウィークの後半ですが、6月からの仕事の準備とじっくり読書です〜

5月3日記 大島高任の「鉄銃(大砲)製造・・・概略」では、水戸藩徳川斉昭の依頼により、反射炉・水車駆動の錐盤を完成して御祝式の折、「早打来ッテ前中納言殿於江戸表御謹慎ノ事報ズ」は先日の大河ドラマと重なって、リアルなページでした。
http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/moriokagaido/rekishi/1009526/1009527/1009542.html

田口線2018年04月30日

 
 50年前までは、本長篠から分かれて三河田口まで電車が走っていたのですね。
http://www.shitara-trail.jp/history/taguchi/

鳳来寺、海老、田峯、田口と今もよく出かける地名です。
車社会で過疎化が進み、台風被害で復旧できないで廃線になったと記事にあります。

鉄道の衰退と言えば、猿投から西中金までが廃線になったのは記憶に新しいです。
http://usa-nekosando.pupu.jp/miti_mikawa-1.html

名鉄三河線の西中金から足助までの部分は、用地と橋の支えは出来ていたようですが、戦争での鉄不足で断念したようですね。
開通していれば、町おこしに熱心で四季折々に行楽客が訪れる足助の酷道?の混雑も解消できていたのに・・・・
http://tkohara.la.coocan.jp/asuke2.html

ワード&エクセル2018年04月21日

 
 トワイライトスクールの配布物の入力を手伝っています。

ワードとエクセルですが、日頃使う機能と異なり調べながらの作成です。
新鮮で楽しいですが、Officeが2007のため、作成画面が少し異なり苦労もあります。

左がワードで右がエクセルです。それぞれの裏面にその月のカレンダーが付きます。

ひな形を以前の職場で作成してもらいましたので、斬新なものになったと自負しています (^_^)

五冊目2018年04月04日

 
 西條八十の関連本が、とうとう 五冊になってしまいました。

心癒される懐メロが、全て西條八十の作詞だったのは衝撃で、仕事のことをアレコレ考えながら、息抜きに首までどっぷりと浸かっています。

読み始めた五冊目中央の「筒井清忠」の本は、引用の書籍・頁も明記されて西條八十研究の論文のようです。あとがきで伝記的研究と書いてありますが、漢和辞典片手に読み応えがあります。
http://www.chuko.co.jp/bunko/2008/12/205085.html

本人、長女、長男・孫、八十が名付け親の作家、八十の研究者と六人に記述されたこの人は幸せな人ですね。

きけ わだつみのこえ2018年03月31日

 
 新聞に特攻兵 上原良司の記事がありました。
日本戦没学生の手記(きけ わだつみのこえ) の巻頭に載った人への、米記者の取材記事です。

読み直しましたが「明日は自由主義者が一人この世から去って行きます」
・・友の言葉を借りた遺書は、目頭が熱くなります。

文中の引用部分です。
愛する祖国日本をして、かっての大英帝国のごとき大帝国たらしめんとする私の野望は遂に空しくなりました。真に日本を愛する者をして立たしめたなら、日本は現在のごとき状態にはあるいは追い込まれなかったと思います。世界どこにおいても肩で風を切って歩く日本人、これが私が夢見た理想でした。

西條八束2018年03月26日

 
 西條八十の息子さんは、名古屋大学理学部・水圏科学研究所教授で退官されて 2007年に名古屋で亡くなっています。

この本は、氏がパソコンに書き溜めた記録を、娘さんが編集出版されたものですね。

八束氏は父八十の遺産を引き継いでいるので、貴重な写真記録が満載で豪華本に仕立てられており、素晴らしいです。

出版社の「風媒社」???そう名古屋の風媒社ですよ (^_^)
ここの出版の本を一冊所蔵してますが、びっくりしました〜
http://www.fubaisha.com/search.cgi?mode=close_up&isbn=5271-6