abさんご2013年02月17日

 つきづきにはっこうされる文芸誌はめったにかわないが、てんぺんちいがおこったようなおおさわぎにつられてこうにゅうした.

芥川賞作品ですが、相当注意深く脳の漢字変換機能を働かせないと、意味不明になる〜(^^;

日頃は読みやすいBlog を心がけていますが、このような文体も在るんですね!

NHKのアナウンサーだった「下重暁子」が同級生で、対談でその人となりが判り少し安心しました!(^o^)/・・それでないと奇人変人です〜
http://webronza.asahi.com/culture/2013021200005.html

コメント

トラックバック